07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

しあわせのちょきん

イングリッシュコッカースパニエル2頭と 相方、せがれとの日々を語ります

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ワカの怪我 その後のその後 

wakanokega



これ、
ワカが仕事中に怪我をした後の
病院での受傷(笑)後の写真です。ちょっとグロで失礼。細かい傷は、鉄の破片が刺さって入っていたところです。

記念にパチリ。


 


 


wakanokega2


 


で、こちらが抜糸後。
赤くなっていますが、
大分きれいになってます。


以前なら、こういった傷は、受傷後、抜糸まで グリグリ消毒していましたが、今は、消毒は一切無し。
病院で 念のため貼ってもらっていたガーゼもはがしました。


ワカも「ガーゼとかしなくてもいいの?」って、心配していましたが、(たぶん)「大丈夫。」と言って、そのままお風呂にも入っていいよ?と 言ってました。もちろんたぶんというのは本人には言ってません。


 



  1. 傷は消毒してはいけない。消毒は,傷の治癒を遅ら妨害しているだけの無意味で愚かな行為である。。
  2. 消毒しても傷の化膿は防げない。傷の化膿は別のメカニズムで起こっている。
  3. 化膿した傷を消毒しても,治療効果は全くなく無意味である。
  4. (特に皮膚欠損創)にガーゼをあてるのは,創治癒を遅らせる行為である。
  5. 傷はどんどん洗ったほうが良い。傷の化膿の予防のためにも,治癒を促進させるためにも最も効果がある。縫合した傷も洗ってよい。
  6. 痂皮は傷が治らないときにできる。痂皮は創治癒がストップしているからできている。痂皮は創治癒の大敵である。

これが正しい創傷ケアだそうです。
ちょっと 現場から離れると、浦島太郎です。

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jinlucy.blog112.fc2.com/tb.php/131-8695079e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。