07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

しあわせのちょきん

イングリッシュコッカースパニエル2頭と 相方、せがれとの日々を語ります

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

からすうり と すずめうり 

589acfd0.jpg

先日、コタを連れて 散歩をしていたときのこと。


ご近所の初老のご婦人が、庭木の手入れをされていました。ジンとルッチの散歩中にもよく会い、顔を見れば 挨拶する間がらだったのです。
街中の こじんまりした庭ではありますが、手入れが行き届いている中にも そこだけ 自然を切り取ってきたような 穏やかで 優しい雰囲気があって、おうちの前で よく 眺めさせていただいているお宅なのです。


いつもは 余計なことを話さず、挨拶だけなのですが、つい、「いつもきれいにお手入れされていますね」と 声をかけました。


なんでも、庭木や 花々の手入れをされているのはご主人で、「私はもっぱら、烏瓜と 雀瓜の世話なんですよ」とのこと。
お庭のお手入れはご主人がされているというのにも驚きましたが、烏瓜という懐かしい響きに 話はそちらのほうへ・・・。


私が小さい頃は、山に行けば 烏瓜なんて いっぱい ありました。話を聞くと、いまではその数が減っていて、このご婦人は、烏瓜と もっと小さい 雀瓜の数を増やそうと、普及活動をしているとのこと。
なんでも、全国各地にこれらの瓜の苗を宅配便で送っているそうな。

「今朝も 日本画家の方に事情を話して、ぜひとも絶えささずに描いてくださいと 梱包しておくったところなんですよ。出来たら 貴女も 植えていただけませんか」


そういわれて、私も是非にと思ったのですが、我が家には なにせ、庭らしきものがありません。
庭と言えば、うちの実家だわと、「母に聞いてみます。私より 随分、植物には詳しいし、上手に育てますから」


そういって、すぐに 実家の母に電話をしてみました。
すると、

「烏瓜も 雀瓜も、庭にわんさか、あるよ。いっぱい実がついてるわ?。放っておいたらどんどん、大きくなって・・・」
それがどうした!と言わんばかりです。

なぁんだ・・・・という少々残念な気持ちがよぎりましたが、事情を話し、「それならいいわ?」と 電話を切りました。
実家にもあったと言えば、ご婦人も安心してくださるだろうと 思いました。


 


その日の夕方、油絵の教室から帰ってきた母から、少々興奮した様子で、電話がありました。朝の烏瓜の話の続きです。
なんでも、今庭にある 烏瓜と雀瓜は、去年、母が習っている油絵のウエスギ先生から、庭に植えてほしいと母が 託されたらしいのです。
油絵の教室のたびに、絵の材料になればと 母はいつも庭に咲いた 季節の花々を 教室に持って行っているらしいのですが、その様子から、ウエスギ先生は 母なら、烏瓜と雀瓜を庭で増やしてくれると思ったようです。
そのウエスギ先生のご主人と、初老のご婦人の旦那様、つまり庭木のお手入れをされている主とが、同じ会社に勤めるご友人とのこと。
その日の油絵の教室で そのことがわかり、母もウエスギ先生も とても びっくりしていました。


なんて 世間は狭いんでしょう。


烏瓜と 雀瓜が 思わぬ方法で実を運んだもんだ・・・と思ったエピソードでした。

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jinlucy.blog112.fc2.com/tb.php/178-2ac7534c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。