05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

しあわせのちょきん

イングリッシュコッカースパニエル2頭と 相方、せがれとの日々を語ります

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

緊急事態 

夜、母から電話が入る。
父が 骨折して 救急車で 病院に 運ばれたと・・・。

あわてました。
こたと お風呂にはいろうとしていた 矢先。ワカは まだ 仕事。
取り急ぎ、兄に電話を入れて、どうしたものかと 思案の数分。


ちょうど ワカが帰ってきたので、3人で亀岡に帰るか、私だけ 帰るか。
できたら、夜にこたをつれまわしたくない、と思っていると
「じいちゃん、あいたたなん?お母さん、病院行って。こた、とおちゃんと おうちで待ってる。
じいちゃんに がんばれって 言って。」と・・・。

ほんまかいなと 問い返しても、「大丈夫」という。
私から 離れないことが多いこた。
それを聞いた ワカの方が 僕一人で 大丈夫かいな と 不安げな顔をしている。


兄の車で1時間。病院に到着して、救急室に入ると、母や、親戚の兄ちゃん、叔母が、迎えてくれた。会うのは本当に久しぶりな面々。
「るみちゃん、大丈夫や、お父さん よう しゃべってるわ」

叔母ちゃんが 笑顔で 言ってくれる。
母は 多くの 書類に目を通すのに 疲れ顔。




旅行から帰ってきて、雨の中、観光バスから降りたら、川だった。
そのまま、川に落ちて 足を打ち、起き上がろうとしたけれど、そのときにはもう、折れていたらしく、立ち上がれなかった、とのこと。

同乗していた近所の人が、川に飛び込み、父を引きずり上げ、救急車を呼んでくれたらしい。


安全確認をせず、バスからおろしたと、旅行会社側にたいして、兄は 激怒。

大腿骨 骨幹部を 2箇所、見事に骨折。
ラッキーなことに、運ばれた総合病院に 整形外科医の当直が いた模様。
手術までの間、直達牽引のため、骨にKワイヤーを入れられ、牽引されていた。


痛かったやろうなぁ?
怖かったやろうなぁ?
寒かったやろうなぁ。

心が痛い。
母も、しっかりさんながら、疲れが 隠せない。


看護師さんからの説明を聞き、パンと牛乳の差し入れをして、家につく。

旅行かばんも ずぶぬれ。
ビニール袋にいっぱいの ぬれた着替え。


冷たい雨やとおもったら、3月というのに、帰りの車のフロントガラスに、みぞれが はりつく。

病気で家族が集合なんて、いいもんじゃ ない。


今週中に、手術予定。



検査着から出た、年老いた父の 手足。大丈夫だと、強がってはいるが、それが余計に つらく思える。

「いたいのを我慢する時代じゃ ないんだから、痛かったら、看護師さんに 痛み止め、もらってね」と 少し耳が遠くなった父の耳元で ささやく。


帰り際、こたからあずかった、電車のおもちゃを 渡す。
「じいちゃん がんばれって言ってたよ」


category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jinlucy.blog112.fc2.com/tb.php/48-d06dc190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。