07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

しあわせのちょきん

イングリッシュコッカースパニエル2頭と 相方、せがれとの日々を語ります

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

野道    浅田 和美 


 「(夢)は(夢)」



 息子が単身赴任をして、嫁や孫たちは京都に残り、私たち老夫婦は田舎の家を守り、一家は三つに別れてしまった。息子の赴任地へ一度行ってみたい。若狭湾を左手に見て北陸路を・・・と思っていた私だったが、嫁が帰った時、「お母さん、主人のところへ行ったってね、食事の支度は全部せんならんし、第一お布団の余分も無いんですよ」と言う。どうやら私の考え方が甘かったらしい。


 今年の正月、二人の姉妹と息子がそれどれ夫婦連れで私の家に集った。皆、中年真っ盛りというところで、職場の事、子供たちの受験のはなし、次から次へと話がはずむ。「姉二人は今年銀婚式で、おじいさんたちは金婚式だなんて、こんな目出たいことはない。春になったら皆で温泉旅行をしようや。」と言い出したのは二人の婿どのであった。 


「そんなこと、言うだけじゃないか」と 茶化していた私だったけれど、足が悪くて旅行のできぬ主人も、たのもしい婿たちや息子の申し出に、親子皆で山陰路をゆく楽しさを心ひそかに想像していた。花が咲いて散り、連休も過ぎたが、だれも旅行のことなど言わない。長女の家では子供二人とも遠方の大学で大変らしい、二女のところは家の新築をするとか。これでいいんだ、皆達者で遮二無二働いて時々は私たちの消息をたずねてくれる。こんな堅実な幸せがあるだろうか。夢は夢、頑張れ中年。(七十一歳)

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jinlucy.blog112.fc2.com/tb.php/519-41da91db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。