04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

しあわせのちょきん

イングリッシュコッカースパニエル2頭と 相方、せがれとの日々を語ります

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

すもも 

宵山の日。

歩いて数分のバス停も
子供と一緒だと なかなか 前に進まず。

暑いんだけどねぇ。
早く行こうよ。

ぶつぶつ 言いながら歩いていると
ワカが、クリペッチンの垣根の葉っぱに 蝉の 抜け殻を発見。
ここにも・・・ここにも・・・と言ってみていると
わ、今から 皮脱ぎます!っていう蝉も 発見。

なんて 無防備な・・・。
こんな道端で・・・。

足を止めて 人んちの 垣根をにらみつけていると
こたが 空を見上げ、あれ、何? と・・・。

見ると 大きな木に ヒメりんごぐらいの 赤い実が あちこち いっぱいなっている。

へぇ~。
なんだろうねぇ。
たくさんなってるねぇ。

え?欲しいったって、よその家の木だしねぇ。
道に実が落ちてたら まだしも・・・

なんて ぶつぶつ言ってると
おじさんが家の中から 出てきた。

「すもも です。
今年は豊作。
去年は全然だったのにね。
一昨年は、実がなっても、次々鳥が来て突っついちゃってね。

そんなにおいしいもんじゃ ないけど
食べてみますか?」


おじさん、熟しかけた 赤いすももを10個ほど
袋に入れて 持ってきてくれた。

「このまま おいといて 赤~くなったら 冷やして食べたらいい。
甘いもんじゃ ないけど どうぞ」

着ていたTシャツで その場でごしごし すももを 拭いて
かじり始めた男子。

おいしい!と ニコニコ。

丁重にお礼を言って、すももも一緒に宵山に。
大きなお庭のおうちだったねぇ。

ココロがほっと あったかくなった ことでした。

110717_21101511.jpg



category: 犬と子供と

cm 0   tb --   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。