09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

しあわせのちょきん

イングリッシュコッカースパニエル2頭と 相方、せがれとの日々を語ります

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

踏み切りで・・・ 

保育園の帰り。
日課になった、嵐電の踏み切りに行って、通る嵐電の種類を楽しむ。


丁度、目の前の踏み切りが閉まり始めたので、ラッキーとばかりに、やや坂になった踏み切りに向かって、自転車をこいで、電車が見えやすい前に・・・・。

と、前を走っていた シルバーのマーチが、踏み切りが閉まり始めたと同時に、ものすごい勢いで スリップ音を轟かせ、線路内へ・・・。


ええええ????!


と思ったのもつかの間、そのまま突っ切らず、線路の上で 止まっちゃった。


あ?。ブレーキとアクセルと 間違ったな・・・。
車から出てきたのは、70はとうに過ぎた、おじいちゃん。
来るであろう、嵐電に向かって、にこやかに、手を振っている。


私としては踏み切りを突っ切れー!と 走って誘導したかったけど、コタの乗った自転車を 放っては行けない。スタンド立てても、かなり 不安定なんです。


踏み切りの向うとこっちに、自転車で踏み切り待ちをしていた おばちゃん二人。
大パニック。


ほんとうに、大パニック。

「わ????!どうしたらいいの????!」


と、お互い叫びながら、遮断機をもって、
さぁ、通りなさい!もっててあげるから!とばかりに 必至に叫ぶ。


でも、遮断機の先っちょ もってるから、地面とおばちゃんと遮断機とで 出来たのは ものすごく 細い直角三角形。車は 通れません。背伸びしても 無理です。おばちゃん。


っていうか


そのおばちゃんの留めた 自転車各1台ずつが、車の前後の行く手を防いで、車がどちらにも 動けない状況。


「自転車のけな、車が出られへん!自転車のけて!!!車は遮断機を押して 踏み切りから 出るから!」


とコタがいるのを忘れて 叫んでも


「そんなんしたら 折れる?????!」と 判泣き。


 


 


 


じいちゃんは、車から出てるから、あとは なるように。。。と思っていたら、急ブレーキの音もなく、止まった嵐電から降りてきた 運転手さんが、遮断機をひょいと 持ち上げて 車を通すと、何事も無かったかのように、車も 三条通りに消えて行き、残ったのは、アドレナリン出すぎて 放心状態の おばちゃん 2人。いえ、私も含め、3人。


 


 


家に帰って、ワカに 状況を説明していると、もうひとり、アドレナリンが出たままの 子が・・・・。


a7d47a52.bmp「とおちゃん、こうやってん。こうやって、嵐電 きてん(来た)。それで、おっちゃんの車がこうやって・・・・。」


と とおちゃんに説明。


 


ま、大事故にならんで よかったっす。

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jinlucy.blog112.fc2.com/tb.php/96-c33c4f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。